2012年

10月

21日

復縁したい。と思う心理

復縁したい。そう望む心理とは?
復縁したい。そう望む心理とは?

復縁したい。そう思う心理には大きく分けて3種類あります。あなたはどの心理に当てはまりますか?

別れを受け入れることが出来ていないから。

相手から別れを切り出されたことを受け入れることが出来ない場合、復縁を望みます。

これは別れの理由を受け入れることが出来ていない。と同義ですから、このままの状態では、復縁をするのは難しいです。

なぜなら、別れの理由と向き合い反省や努力をするよりも、ただ別れたくない。という気持ちが勝ってしまっているからです。

相手の述べる原因に納得いかないのであれば、その事についてしっかり話しあうようにするか、もしくは相手が正直な原因や気持ちを言えない原因があなた自身にあるのではないか?という視点で一度考えてみて下さい。

あなたが感情的であったり、すぐ怒ったりすぐ悲しむような対応を相手にしていたのであれば、相手は別れの原因をオブラートに包んであなたを刺激しないように言葉を選んでお話されているかもしれません。

まずは、別れの原因を受け入れ、別れを受け入れ、それでも尚、相手と復縁をしたいかどうかを考えてみて下さい。

ご自身のプライドから。

振られた事が、ご自身を否定された。と感じれば、ご自身のプライドが傷つき、自信を失ってしまいますよね。傷ついたプライドを回復する為に、復縁をしたい。と考える方が居らっしゃいます。特に男性に多いです。

この場合、自分のために復縁をしよう。というような考え方ですから、相手の幸せや相手の目線には立っていません。これでは、当然ですが復縁はなかなか成功しません。

復縁は、自分だけではなく、自分と相手がお互いに幸せになる為でなければ、成功はしません。一度、冷静に別れの原因やご自身に足りなかったことを考えてみて下さい。今回の別れがあなたを否定され、ご自身のプライドが傷ついたように感じた場合、それだけあなたの自信や存在は相手に依存していた。ということになってしまいますからね。

相手が居なくとも輝ける自分にならなければ、根本の解決にはなりません。

相手以外考えられないから。

相手の魅力や相手と自分の関係性で、今までの経験上これ以上の相手は有り得ない。そう感じられている場合、当然ですが未練として残ります。

この場合、相手へ依存しすぎている場合があります。

依存は、相手がいないと、普段の生活が送れない。こんな状況を指します。

失恋後2週間程度は仕方がないでしょう。ただ、それ以上の期間も相手のことを考えすぎて日常生活に支障が出る場合は要注意。未練というより依存や執着というような気持ちだと言えるでしょう。

この場合は冷静な判断が出来ず、相手を困らせてしまうような精神状態だと言えます。

なぜ、相手にこれほどまで依存しているのか。執着しているのか。あなた一人で自立できていないのはなぜか。ということ、ご自身としっかり向き合って、依存や執着の原因を突き止めるようにしましょう。

最後に

いかがでしょうか。

復縁をしたい心理、あなたはどれに当てはまりましたか?

復縁を目指す上で一番良い心理は、

相手より魅力的な人は居ない。と確信しつつも、依存はせず、執着もせず、相手ではなく、ご自身と向き合いご自身を磨けるような心理状態です。

この状況を目指す為に、今なぜ復縁をしたいのか?ということと一度向き合ってみると良いと思います。

無料であなたに復縁アドバイス!

3万人の復縁成功のお手伝いをしてきた、復縁のカリスマ小野田ゆうこ先生が今なら無料であなたに復縁のアドバイス!

復縁出来るか出来ないかは、小野田ゆうこ先生の無料相談を利用しているかどうか。と言っても過言ではありません。

無料で相談出来るのに相談出来ないのは、勿体ない!

復縁を確実に成功させる為に、小野田先生に今すぐ相談しましょう!

無料で小野田先生に復縁相談をする!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

▼復縁メール相談▼

復縁相談
初回無料でご相談頂けます。

▼復縁メルマガ▼

復縁メルマガ
メルマガ登録はコチラから

最新の復縁テクニック

人気の復縁テクニック

カテゴリー別復縁方法

サイト内検索