2012年

9月

19日

復縁の冷却期間の基本的な考え方とは?

実は間違いだらけ。本当の冷却期間とは?
実は間違いだらけ。本当の冷却期間とは?

復縁の話をする上で外せないのが「冷却期間」

 

しかし、この冷却期間の意味や効果を誤解している方が凄く多いんです。

今回は、冷却期間の本当の意味と、ありがちな間違いを解説します。

復縁における冷却期間は「お互いの感情を冷静にする期間」というように思われている方が多いのですが

 

これは半分正解ですが、半分不正解です。

 

確かに、別れの直後はお互いに感情的になっている場合が多く、特に元彼(元カノ)から嫌悪感を抱かれていたり、すがった事で拒絶されている場合では、

相手の嫌悪感や拒絶する理由を解消しなくてはいけません。

 

しかし、ただただ時間を置くだけで、本当に嫌悪感を無くす事は出来るでしょうか?

拒絶する理由が解消するでしょうか?

 

根本的な原因は、

 

あなたが嫌悪感を抱かれている理由

あなたを拒絶しなければならない理由

 

にあります。

 

この理由を解決する方法が全くない場合は

消極的な選択として、時間を空ける。という方法を採用するべきですが、

まずは、この理由と真正面から向き合い、改善方法を模索するべきなのです。

 

あくまでも、冷却期間は色々ある復縁の為の方法の中での手段の1つに過ぎません。

 

例えば、

元彼(元カノ)から、嫌悪感を抱かれていない。拒絶もされていない。

そういった状況下であれば、

何を目指すべきでしょうか?

 

この状況は、いわば

あなたを拒否する理由はないが、あなたを求める理由もない。

こういった状況です。

 

この状況から、あなたに対して新たな興味を持ってもらう。新たに欲してもらう。

もっと話したい。もっと一緒に居たい。触れたい。会いたい。そして付き合いたい。

こういった感情を相手に抱いていただくことが目標となりますね。

この感情を芽生えさせることが出来れば、頻繁にお会いできる関係を作り出す事が出来ます。

 

現状のあなたでは、こういった感情を芽生えさせることが出来ないのであれば、

あなたが成長するために期間が必要かもしれません。

 

しかし、あくまでこれは1つの手段です。

 

冷却期間は、

期間を空けただけ、相手に恋人が出来るリスクが比例して大きくなります。

 

このリスクも踏まえながら、

どの方法が一番最善なのか?ということを真剣に考えなければいけないのです。

 

何か問題にあたったら、とにかく冷却期間を置こう。

という発想は、非常に短絡的で、危険なのです。

 

さて、これらを踏まえた上で

冷却期間の代表的な効果を書きたいと思います。

 

①あなたが落ち着く為の期間。

別れの直後で感情的になってしまっているのは、別れを受け入れることが出来ていないからです。

別れてからも付き合っている時と同じような内容でメールをしてしまったりしている方はこういった状況です。

ただし、期間を空けるだけでは、別れを受け入れることは出来ません。

期間を空けることよりも、ご自身の否と向き合い、お相手様の気持ちと向き合い、別れを受け入れることが大切です。

 

②相手の嫌悪感をなくす期間。

嫌悪感を抱かれてしまっている場合、この悪い印象を払拭しない限りは、話すことも会うことも困難です。

但し、必ずしっかりと謝罪をしてから冷却期間に入らなければいけません。

謝罪無く冷却期間を置くよりも、謝罪をしてから冷却期間に入ったほうが圧倒的にこの期間は短くなるからです。

嫌われたからとにかく時間を空けよう。という発想は非常に自分本位です。相手の気持ちを考えどうすれば最善なのか?という発想から逃げないようにしましょう。

 

③あなたが変わるための期間

別れの後、相手の中に全く未練がない場合、

あなたが変わらなければ相手の心の中に新たに恋愛感情を芽生えさせることは出来ません。

別れの原因を改善する。あなたの魅力を更に伸ばす期間になります。

 

④あなたの変化を受け入れて貰いやすくする期間

別れの原因が内面の事である場合、いくら内面が成長しても、相手がそれを受け入れてくれない場合があります。「こんなに早く変わるはずがない。」というように思われてしまうからです。

但し、ただ冷却期間を空けるよりも、

「確かにこんな事をすれば成長するだろうな」と思われるような努力の過程を具体的に見せていったほうが、相手に「変化」を受け入れてもらいやすい場合があります。相手の性格などを考えながら慎重に判断しましょう。

 

⑤別れてから相手に新たなパートナーが居る場合に、ラブラブな時期を避けるための期間

相手に新たなパートナーが居る場合、相手の心に隙(スキ)がない限りは、こちらに入る余地がありません。相手から連絡が来たりしない限りは、付き合ってから3ヶ月程度は、連絡を控えることがベターです。

 

冷却期間の効果は大きく分けてこの5つになります。

あなたの場合は、今現在冷却期間が必要だと思われましたでしょうか?

 

何よりも大事なのは、次の目標をしっかり決め、

その目標を達成するための障害となっている理由は何なのか?ということと向き合い、その為に何をすれば最善か?という考え方です。

 

冷却期間は目標を達成するための一つの手段に過ぎない。ということを念頭に置きましょう。

無料であなたに復縁アドバイス!

3万人の復縁成功のお手伝いをしてきた、復縁のカリスマ小野田ゆうこ先生が今なら無料であなたに復縁のアドバイス!

復縁出来るか出来ないかは、小野田ゆうこ先生の無料相談を利用しているかどうか。と言っても過言ではありません。

無料で相談出来るのに相談出来ないのは、勿体ない!

復縁を確実に成功させる為に、小野田先生に今すぐ相談しましょう!

無料で小野田先生に復縁相談をする!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

▼復縁メール相談▼

復縁相談
初回無料でご相談頂けます。

▼復縁メルマガ▼

復縁メルマガ
メルマガ登録はコチラから

最新の復縁テクニック

人気の復縁テクニック

カテゴリー別復縁方法

サイト内検索